【久留米商業・南筑】はこちら→【2017年版】福岡県公立高校入試の合格判定基準、内申点の最低ライン【久留米商業・南筑】

 

福岡県の公立高校の合否の判定基準は、本番のテストの点数が50%で、残り50%が中3の1・2学期の内申点。

この内申点とは、簡単に言うと「中3の1・2学期の通知表」です。厳密に言うと違いますが、我々がわかる数字は通知表しかありませんので、そう思っておいて大丈夫です。

この中3の1・2学期の通知表には、各高校で最低これぐらいの通知表の数字がないと合格できないという基準があります。

この数字はどの学校も明確な数字を公表してませんが、今までのデータからある程度わかります。

今回は、福岡県の公立入試における学区・第8学の進学校と言われている3つの高校についてお伝えします。

この数字はあくまでも過去10年分ぐらいの合格者・不合格者のデータから導き出した数字です。

毎年の倍率によって、数字は上下しますのでご注意ください。

この通知表の最低ラインについては、学校の先生が詳しい場合が多いので、塾に通っていないご家庭は学校の先生に質問してみてください。

それでは、今回は第8学区の進学校である「明善高校」「久留米高校」「小郡高校」の3校の通知表の最低ラインを見てみましょう。

 

【2017年12月(平成29年)なかま塾調べ】

明善高校・・・9教科の合計が36

 →オール4以上は必ず欲しい

久留米高校・・・9教科の合計が30

 →3と4が半分以上は欲しいところ

小郡高校・・・9教科の合計が27

 →オール3以上は欲しいところ

 

この数字は中3の1・2学期のそれぞれの通知表の9教科合計を2で割り平均すれば出ます。

9教科なので、オール5であれば45、オール3であれば27になります。

さて、今回の数字は最低ラインの数字になります。これ以下の通知表の数字では、例年合格している子はほとんどいないという数字です。

データから見てもそうですし、実際の受験生の結果からも言える数字です。

ただし、受験者数の増減により競争倍率が毎年変わります。受ける人がたくさんいれば、この最低ラインが上がる(難しくなる)年もあります。

逆に受験者が少なく倍率が低ければ、この最低ラインが下がる(簡単になる)可能性もあります。

またこの数字は最低ラインです。通知表がこの数字であれば大丈夫という数字ではありません。

できれば、少なくてもこの最低ラインの数字+2~3は欲しいところですね。

この数字ギリギリのラインの子は、内申点の部分では出遅れていることになりますので、本番の試験で挽回するしかありません。

福岡県の公立高校入試の願書提出は2月の頭ですので、そこまでは志望校を選べます。

最後まであきらめずに勉強して本番のテストで点数を取れるようにしましょう。

 

(補足1)

通知表に「2」があっても、別の教科で「4」があれば、それは平均して「3」が二つという意味になります。苦手な教科は得意な教科でカバーできるので、「2」や「3」があるからダメだーということはありません。9教科の合計での勝負になります。

 

(補足2)

通知表の最低ラインでこの数字がなければほとんど受からないと書きましたが、ちょっと足りない子でも受かることはあります。今まで見てきた子でも本番の点数で挽回して合格した子はたくさんいましたので。ただし、やはりこの数字に足りていない子のほとんどは不合格の可能性が高いです。