勉強嫌いな中学生の子ども
「子どもが勉強嫌いで困ってます。どうやったら勉強するようになるのか・・・」
よく聞くお悩みですね。中学生になるとすぐその先にある高校受験を見越して親も一生懸命子供に勉強してほしいと願います。しかし子供のほうは勉強にやる気が起きずそれに困る親も少なくありません。勉強が嫌いな中学生の子供に親ができることについて詳しくみていきましょう。

勉強が嫌いな中学生の子供に親ができることとは?

勉強が嫌いな中学生の我が子に対して「勉強しなさい」とは、出来れば言いたくないもの。

勉強が嫌いな理由は人それぞれです。

  • 勉強してもわからない
  • 何のために勉強していいのかわからない
  • 楽しくない
  • もっと遊びたい

といくつもの理由が考えられます。

それなのに「勉強しなさい」とだけいっても効果は望めません。やる気を起こさせるためにも親が子供ともっとコミュニケーションを取ることが大切です。

中学生になると反抗期になってきて親と口をきかない子供も増えてきますが、だからこそ親はもっと子供に寄り添ってなぜ勉強をしなくてはいけないのかを、理由を交えて話すこと、子供がなぜ勉強したくないのかを聞きだすことで解決策が見つけやすくなります。

子どもと積極的なコミュニケーションを

子供が勉強にやる気を見せないのは親が子供に対して積極的にかかわる姿勢が欠けていることも原因として考えられます。

子供の学習内容も学年が上がるにつれて内容が高度になってくるため、親も簡単に勉強を教えられない、仕事や家事などで忙しくて親が子供にじっくり関わる時間がないなどが主な理由です。

しかしたとえ勉強の内容がわからなくても親が一生懸命に自分にかかわってくれることで、子供もそれに応えてやる気をみせるようになる傾向があります。親も積極的に子供の勉強にかかわる姿勢を見せることが大切です。

かかわる姿勢を具体的に言うと、

  • 宿題をやったかどうかの声かけ
  • 学校の様子を簡単に聞く
  • 勉強とは関係ない話題の雑談

などなど、とにかく子供と接触することが大事です。中学生ぐらいになると、親と子が意外と会話をしていないことがあります。特に大事なのは何気ない会話(雑談)です。子供との気軽な雑談を毎日していくことが、非常に大切です。

そして、この会話をするときに気を付けないといけないのは、「ダメだしをしない」ということです。勉強嫌いな子でも、勉強しないといけないとは思っています。そういう子に「なんで勉強しないの!勉強しなさい!」や「全然できてないじゃない!このままじゃ高校いけないよ!」と言っても、逆効果。ちゃんとしないといけないのはわかっているのに、その気持ちを踏みにじられたと感じてしまい、とにかく反抗してきます。どんなに正論であっても思春期の子供には通用しません。

まずは、マイナス面でも理解を示すこと

では、どう子供と接すればいいのか。それは、マイナス面でも怒らずに、まずは理解を示すことです。これは、私が実際に子供たちと接しているときに気を付けていることですが、信頼関係が築けていない時には怒らずに、悪い面でも肯定的に捉えて接します。

例えば、遅刻した生徒にたいして、

生徒「ゲームしてて、遅刻しました」
私「そっかー、ゲームしてたのか。なんのゲームしてたの?」
生徒「え、えーっと、マイクラってゲーム」
私「あー、知ってるよ!建物作ったり、洞窟探検するやつやろ!」
生徒「知ってるんですか?」
私「少ししたことあるよ。ゾンビにすぐやられるけど(笑)」
生徒「へー、やったことあるんですね。今ハマってるんですよ」
私「マイクラはおもしろいよね。時間忘れる(笑)。でも塾はやっぱり大事だから、遅れないようにしないとね」
生徒「わかりました!」
私「今度、町が完成したら教えてよ」

こんな感じで、まだ入会して間もない生徒であれば、とにかく全てを肯定してあげて、信頼関係を築くことを重視します。もちろん、言わなくてはいけないこと(「遅刻しないように」)はきちんと言いますが、
肯定→肯定→肯定→指導 ぐらいの感じです。

遅刻を例に挙げましたが、まずは理解を示す。そして子供との信頼関係を築いてから、ダメだしをする。どんなにやんちゃな子でも、きちんと理解を示してあげて信頼関係を築ければ、その後のダメだしを聞くようになります。

中学生の子供との接し方もこんな風に考えてみてください。まずは肯定して理解してあげること。そうすることで「勉強しようね」や「宿題ちゃんとやりなさい」の言葉も、子供は受け入れやすくなるでしょう。

勉強がわからない場合、信頼関係があっても難しい

信頼関係を築くこと、これが一番大事なのですが、勉強嫌いの理由が「勉強がわからない」「学校の授業についていけてない」の場合は、厄介です。

本人はがんばってやろうとしているのに、まったく問題が解けない。教科書の内容がわからない。勉強でつまずいた子供が、自分でなんとかしようとするのは非常に難しいです。

親が勉強を教えるのも解決法の一つですが、中学生の子供に親が勉強を教えるのは、困難です。これは、内容が難しくなってくるので親が教えきれないというのもありますが、一番の理由はケンカになるからです。
どんなご家庭に話を伺っても、ほぼ100%の確率でケンカになっています。親も子供もムキになる。思春期の子供に親が勉強を教えるのは、お互いの精神衛生上よくありませんね(笑)。

塾に行くことも一考

それでは、どうやれば勉強がわかるようになり、勉強するようになるか。
これはご家庭での努力も大事ですが、限界がありますので、塾に行くことも一考です。わからないことを聞く相手が増えることや、塾で予習が出来れば学校での授業で余裕がうまれて自信につながります。

また、塾に行くことで周りに刺激されて勉強に対してやる気が起こる可能性もありますし、学校と違って学習塾はお金を払って通いますので勉強に対する姿勢も変わってきます。勉強のことも塾の先生のほうが気軽に質問や相談がしやすいこともあり、それが勉強のやる気につながることもあります。

反抗期の中学生というのは非常に難しい時期です。子供のことを考え抜いてたくさん接してあげてください。すぐに子供の態度が変わることはありませんが、無意識で親の愛情を感じています。そうした小さな努力が子供に伝わり、自己肯定感が高まることで、様々なことへ前向きになっていきます。

あせらず日々の接し方から変えてみてください。