「中学から英語が本格的に始まるので、不安です・・・。小学生のうちから何かしておいた方がいいですか?」

英語の習い事をやったことのないお子さんの保護者様からよく聞くご質問です。

国際化が進み日本でも英語の早期教育が行われ、小学校でも英語の授業が行われるようになりました。小学生の英語の授業は、英語に慣れ親しむことが中心ですね。

ところが中学生になると、文法を学ぶようになり単語も増えて、次第に英語に苦手意識を持つお子さんが増えてきます。小学6年生のお子様で、中学からの英語に不安な方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、中学1年生で英語が苦手になる原因やその苦手克服法について、今から親子で簡単にできることお伝えします。

中学1年生で英語の得意、不得意が現れやすい原因

小学生の習い事も昔と比べると大きく変化しています。子どもの習い事で一番盛んなのは英語で、小学生のうちから会話だけでなく文法を学んでいる子も少なくありません。

中学生になり文法などの勉強が本格的に始まると、小学生の頃の会話や聞き取り中心の授業とは違い、感覚でなく知識として理解しないといけません。

特に大事なのは、最低限知っておくべき単語をいかに覚えているかです。単語を覚えてないと、文法は理解できるけど、問題が解けないということがおきてしまいます。

まずは「単語を覚えること」が最も重要だということを理解しておいてください。

これは、保護者様自身が外国語を習うことを想像して考えてみるとわかりやすくなります。そうですねー、例えば、今から保護者様がタイ語を学ぶとしましょう(マイナー言語の方が実感わくと思いますのでタイ語)。

保護者様がタイ語を学ぼうとするときに、まず初めに何をしますか?もちろん基本的な文法も学ぼうとするでしょうが、文法よりもさきに単語を覚えることを優先するのではないでしょうか。単語がわからなければ、書かれている文章が全く読めないので、当たり前ですよね。

英語も同様です。とにかく、まずは単語を暗記していかないと、中1の英語でつまずくのは当たり前なのです。

単語を覚えるには

中学1年生の英語でつまずかないためには、英単語を覚えることにつきます。英単語をスムーズに覚えることができれば、中1の英語でつまずく可能性は低いでしょう。中1の文法は非常に基本的な内容で、難しくありません。(ただし、英文法で最も大事なのは中1の英文法です。)

英単語の暗記で非常に重要なのは「発音すること」です。暗記のやり方は人それぞれですが、人間は耳からの音で覚えるのが一番覚えやすいと言われています。

これは、歌の歌詞を覚えることを考えるとわかりやすいですね。ただの文章だと暗記は苦労しますが、歌で音になって耳から入ってくると覚えやすいですよね。英単語も同様で、自分の口で発音して耳で聞くことにより暗記が進みます。頭の中で発音しながら覚えてもいいのですが、やはり口で言いながら暗記するのが一番です。

単語を覚えるには「発音できるか」が重要

ここで「発音できるか」という問題がでてきます。これが非常に大きな問題で、英語が苦手な子の一番の問題はここです。

「発音できない」→「単語の意味が覚えられない」→「文法がわからない」→「文章が読めない」 という流れだからです。

それでは、この「発音できない」という状況をもっと詳しく見てみましょう。

「発音できない」原因はなにか

発音できない理由は、ずばり「ローマ字が読めない」からです。ローマ字は小学3年生の国語の時間に習うのが一般的です。ここでアルファベットとローマ字をしっかり覚え、書いてあるローマ字を読めるようになっていることが重要です。

ローマ字を覚えてなく、また単語として出てきたときにすぐに読めない(発音できない)状態で中学に上がると、英単語も発音できない可能性が高くなります。もちろん、ローマ字の発音と英語の発音は違います。ただ、これまでたくさんの英語でつまずいた子を見てきた経験から、英単語の発音ができない子はローマ字読みもできません。

発音も暗記すればいいのですが、まだ英語に慣れていない子は、アルファベットの集まりが単語になり意味があるという概念もあやふやです。そういう状態では、単語の発音を暗記するのは至難の業です。

だから、まずは英単語をなんとなくでも「読める」「発音できる」のが重要になってきます。そのためにローマ字を読めるかどうかを見直してみましょう。ローマ字がスラスラ読めれば英単語も初めから何となく読めます。それが第一歩です。

中学生になるまでにできるようになっておきたいこと

そこで、英語でつまずかないために中学生になるまでにやっておきたいことは、「アルファベットとローマ字を覚える」ことと、「ローマ字をスラスラ読める」ようになることです。小学3年生で習ったローマ字は小学6年生になるころには忘れている子もたくさんいますので、中学に上がる前に、おうちで復習しておきましょう。

まずはアルファベットを覚えなおしましょう。発音しながら書いて練習してください。必ず「発音」と「書く」をセットで覚えていきましょう。そのあとは、ローマ字です。これも同様に発音しながら覚えていきましょう。

ローマ字を覚えたら、次はローマ字の単語を書けるようになることと、読めるようになることです。書けることも重要なのですが、大事なのは読めること。これが英単語を発音できるようになる基礎になります。

このように中学に上がるまでに、おうちでローマ字の復習をしておいてください。保護者様が教えることはあまりありませんので、やっているのを横目で確認しながら、サポートしてあげてください。

まとめ

・英語で一番大事なのは「単語」、単語をしっかりと暗記し、中学1年生の英語がスムーズに理解できれば、その後は英語が好きになる可能性大。

・英単語を暗記するには発音できることが大事。そのために、中学に上がるまでに、ローマ字をスラスラ読めるようにしておくこと。

英単語の暗記は声に出すことが重要です。中学1年生のうちに、英語に慣れ親しむためには、中1の初めは英単語の発音を中心に意味を暗記することに力をいれてください。そして、中学の英語で最初につまずかないように、小学6年生のうちから準備しておきましょうね。