ラストスパート

「入試まで2週間切った・・・、この時期、何を勉強すればいいんですか?」

大学入試真っ只中。福岡県は高校入試も公立入試を残すのみ。最後のラストスパートです。生徒たちはそんなラストスパートの時期にどんな勉強をしたらいいのかと悩んでいます。合格ラインに届いている子も届いていない子も、入試までの最後の2週間が非常に大事です。

なぜなら、この時期からの勉強法次第では、逆転合格も可能だからです。合格までの、最後の5点、10点をどうとるか。ラストスパートでの勉強法をお話しします。

その勉強法は、「ピンポイントの復習」と「暗記系の復習」です。

「ピンポイントの復習」

まずは「ピンポイントの復習」から。

ピンポイントとは、「点数が取りやすい問題で、まだ取れてない問題」のこと。例えば、数学であれば、大問1でまだミスがあったり、図形の基本問題でミスしたり。簡単な文章問題もたまに間違う、など。

あとは、国語の漢字や作文、英語の単語や熟語などですね。本来できるのにミスが多い問題は、残りわずかのこの時期からでも、集中して取り組めばできるようになります。授業でもこの時期はピンポイントで問題を絞る子がほとんど。

教科によっては、ここからの10点アップも狙えます。極端に集中して点数を取りやすい問題を復習しましょう。

「暗記系の復習」

次に「暗記系の復習」について。

「この時期に暗記系?」と思われるかもしれません。ただ、生徒たちに過去問などを解かせていると、「この時期なのに、こんな基本的なこともまだ覚えてないの?」という生徒がたくさんいます。

具体的に言うと、社会と理科の暗記分野と英単語・熟語です。この3つは自分でもやり直しできる部分。本番形式の総合問題をやり、知識の抜けを見つけたら、基本知識を暗記し直しましょう。基本知識がないと入試問題は解けません!

今の時期だからこそ、覚えたことは忘れません。基本のやり直しで、数点の取りこぼしをなくしましょう!

難しい問題は捨てる!

最後に注意しないといけないことをお伝えします。それは、「これからの時期は難しすぎる問題に手を出さないこと」です。

この時期、受験生のみんなは焦りから、すべての問題に手を出して勉強しようとします。そして、本来難しすぎて解かなくてもいい問題にもチャレンジし、解けないまま無駄な時間を過ごしてしまいます。

なぜ、すべての問題を解かなくていいのか。

例えば、年によっても違いますが、福岡県の公立高校入試でみると、明善高校の合格点は8割程度、久留米高校は7割、小郡高校は5割程度です。実は、福岡県の公立高校入試は、基本の問題を全て解ければ7割以上点数がとれます。基本だけでも7割以上なんです!

これがどういうことか、もうお分かりですね。今の入試直前の時期に難しい1~2割の問題に取り組むのではなく、点の取りやすい7割に集中しようということです。そうすることで、この時期からの大逆転も可能です。

入試は、本当に1、2点で合否が分かれます。最後まであきらめずに、1点を取りにいきましょう!